フスフレーゲ Fusspflege

フスフレーゲとはドイツのフットケア専門技術者が行う足の手入れをフスフレーゲ(Fusspflege)と呼びます。

フスフレーゲは18世紀ドイツを中心としたヨーロッパ諸国で、貴族の足を美しく保つために誕生した足の手入れ技術です。

足の健康美容法として、足専門の治療士によって始まり、いまでは各国に広まり、ポドローゲ(Podologe)、
キロポジスト(Chiropodist)、ポダイアトリィ(Podiatry)などとして広がりをみせています。

フスフレーゲは足の骨格、足爪や肌を保護し整える手入れを通して、快適な歩行へ導く足の専門技術です。

JAFTAでは訓練されたフスフレーゲ技術者と医療との連携を進め、人々の健康生活向上に寄与しています。

フットケア【フスフレーゲ】の技術向上

◆医師による指導、協力

JAFTAではフットケアに関わる技術面、衛生面などを皮膚科、整形外科、内科医師より指導、協力を進めています。

◆研修会、研究会

JAFTAでは年に複数回の研修会、研究会を行い、フットケアに関わる各種の報告、研究を重ね技術の向上を図っています。

◆認定試験、専門技術者の育成

JAFTAでは医師による指導のもと、水準の高いフットケアの専門技術者を育成し、技術的向上を目指しています。

フットケア【フスフレーゲ】情報交換

◆国内、海外等の最新情報

研修会、研究会を通してフットケアに関わる各種情報(テクニック、アイテム、一般情報)を伝え、研鑽します。

◆医療、健康、美容分野におけるフットケアの情報交換と交流、協力

フットケアを通じて、医療の各分野・美容・靴業界などとのつながりを深め、より良い形で協力しあえるよう働きかけます。

フットケア【フスフレーゲ】の実際

専門技術者によるフットケアは医療・健康・美容に広く役立ち、人々の健康生活を高めます。

  1. 1.健康、美容に役立つフットケア【フスフレーゲ】
    • 足の角質ケアと乾燥の手入れ
    • 足爪の正しい切り方と手入れ
詳しくはこちら